ヴィジュアルコネクションバンド「メガマソ」にフィーチャー!

現代のBGMときのなかで独特の面白味をもって、多くのオタクを引き寄せているのがヴィジュアル関連バンドだ。奴らの多くはメジャー荷札ではなく、インディーズとして活動していることから、どうしてもBGM企画のような表ショウには登場することがありません。しかし、バンドごとに全く異なる激しい独創を持つヴィジュアル関連バンドは、下手なメジャーミュージシャンよりも能力で勝ることも少なくありません。そういうヴィジュアル関連バンドの中でぼくが近頃ハマっているのは「メガマソ」だ。メガマソはヴォーカル・インザーギの伸びやかな高音と複雑で独特な曲調、再度1回聴くだけでは十分に味わえない深遠な歌詞を武器にして要る3人組のバンドだ。単に、ギターの涼平の女形の徹底ぶりは評価が高く、画像や動画だけ見ると「意外と夫人なのではないか」と見まがうほどの高クオリティっぷりだ。女形が割り方多いヴィジュアル関連バンドですが、彼氏ほど女装が望めるパーソンはまるでいないでしょう。独特の視点と涼平の女形の面白味、気になったユーザーはメガマソのCDを聴いてください。今まで知らなかった世界中に誘ってくれることでしょう。