英国のEU別離によるサッカーへの魅惑は?

先日から話題になっている英のEU敗走の絶頂。国民投票でのEU敗走が凝縮になっているようです。

1990時世の親分マン判決というもので、
サッカーではEU関与国の国籍アスリートのEU関与国班間での移籍のフリーと、EU関与国での外人範囲に含まれないことが決まりました。

英がEUから離脱した実例、EU関与国から英圏内のイングランド、スコットランド、ウェールズ、北アイルランドに移籍するアスリートは外人範囲に混ざるのか?
逆に英圏内からEU関与国に移籍するアスリートも外人範囲に入るのか?
もしも、英圏内での外人範囲がEUアスリートにも適用された実例、もちろんその範囲はEU関与国の国籍アスリートに多くが割かれることになるでしょう。
現在もEU関与国の班の外人範囲は主に南米国籍、次いでアフリカ国籍のアスリートに使われていると思われるので、
邦人アスリートは英圏内の班へ移籍やる門がもっと狭くなってしまうので
レ花形で割り増しリーグ優勝を経験した岡崎アスリートなどはどうなるのだろうななどと心配しています。

英のEU敗走により各リーグの外人範囲のパターンも調整されるとは思いますが、
それと共にチャンピオンズリーグでの外人範囲の売買もどうなるか注目です。